TOP > 低用量ピルの効果

低用量ピルの種類と違いについて詳しく解説します。

低用量ピルの種類

第一世代1相性:ルナベル

ルナベル

服用することによって脳に「体が妊娠している」という風に錯覚させ、月経不順の改善を行う、排卵を抑制することによって避妊を行うことが出来る「低用量ピル」という医薬品が存在していますが、その低用量ピルは含有成分等によって「第◯世代」という風に、名称が変わるという特徴があります。

そして、そんな低用量ピルの中でもルナベルのような「卵胞ホルモンの作用が弱く、黄体ホルモンの量が多い」という特徴を持っているピルは「第一世代1相性」と呼ばれます。

この1相性と呼ばれる種類のピルは薬の中に含まれているホルモン量が常に一定で、継続して服用することによって月経不順を非常に効果的に改善できる、常に一定の避妊効果が見込める、といった効果がある為、海外では避妊を行う際にはこの1相性と呼ばれるピルを服用して避妊を行う、というのが非常に一般的になっています。

ですが、内部に含まれている成分の関係で副作用が現れる可能性も他のピルと比べて高くなっており、服用することによって吐き気や下痢、むくみなどの症状が現れることもあるので、服用する際には若干の注意が必要となります。

第二世代3相性:トリキュラー

トリキュラー

1相性と呼ばれる種類のピルは錠剤の中に含まれているピルの数は常に変わらない為、1度服用を開始すると服用期間が終了するまで、常に同じ量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンを摂取することになります。

ですが、この方法は「必要以上のホルモンを摂取してしまう」という難点があり、副作用である吐き気や下痢、むくみなどの症状が現れやすくなっています。

それらの問題を解決するために開発されたのが、トリキュラーなどの「第二世代」と呼ばれる種類の低用量ピルです。

この第二世代のピルは内部に含まれる黄体ホルモンが第一世代のものと異なり、レボノルゲストレルという名称のものが含まれています。

これは内包されている卵胞ホルモンの量が少なくとも非常に効果があるという特徴があるのですが、第一世代のピルのように常に一定量のホルモンを摂取し続けるとニキビが出る、体毛が濃くなる。体重が増加する、というような「男性化作用」と呼ばれる症状が現れるという特徴がありました。

ですが、トリキュラーのような「第3相性」と呼ばれる「接種時期によって体内に入るホルモン量が段階的に変化する」というピルが作られると、男性化作用も現れる事無く、確実に避妊を行う事ができるようになった為、現在でも非常に多くの人がこの第二世代の低用量ピルを使用して避妊を行っています。

第三世代1相性:マーベロン

マーベロン

低用量ピルの中でも比較的多くの人が利用している第二世代の物は、服用する事によって体重の増加や体毛が濃くなるような「男性化作用」と呼ばれる物を引き起こすことで知られています。

この問題は薬の種類によって内部に含まれるホルモン量が減少していく「相性」という種類のものを使用することによって解決することが出来たのですが、実はそれ以外にもマーベロンのような「第三世代」と呼ばれる種類の低用量ピルを使用することによっても男性化作用を防ぐ事が出来ます。

この第三世代のものは内部に含まれている黄体ホルモンと言うものが第2世代のレボノルゲストレルからデソゲストレルやゲストデンと呼ばれるものに変更されています。

この成分が含まれている第三世代の低用量ピルは第二世代のものにあった「男性化作用」が起こりにくいという特徴があり、更に副作用自体も非常に少ない為、服用時期によって内包成分量を変動させる必要もないので、薬自体も「1相性」のものになっています。

その為、この第三世代の低用量ピルは第一世代の持つ「副作用が多い」という欠点、そして第二世代のピルの持つ「男性化作用」という欠点を克服していると言われており、世界中の女性がマーベロンを始めとする第三世代のピルを使用しています。

ですが、一部で「開発されてからの使用実績が短い」ということもあり、使用に不安を感じている人も非常に多くいます。

第四世代1相性:ヤスミン

ヤスミン

避妊用のピルの中にはヤスミンと呼ばれる物があるのですが、これは通常の低用量ピルよりも更に内包成分が少ない「超低用量ピル」という呼ばれ方をしている「第四世代」のピルです。

このピルは中に含まれる成分が非常に少なく、更に第二世代のピルに合った男性化作用などの症状や、ホルモンバランスの変化によって生じるむくみなどの症状を抑えることができる、という特徴があります。

そのため、服用していて体にかかる負担というものが非常に少なく、更に副作用自体も起こりにくくなっているので、ヤスミンを始めとする第四世代の超低用量ピルは「1相性」のものが多く存在しています。

他のピルと比べると男性化作用などを抑えやすく、男性化作用の関係で体重が一気に増加してしまったという人もこのヤスミンに切り替えてから体重が元に戻った、という人も非常に多くいるので、今ピルを服用している人の中でもこのヤスミンに薬を切り替えている人も多くなっています。