TOP > トリキュラーで避妊対策

トリキュラーの飲み方と通販で購入する方法をご紹介します。

トリキュラーの服用方法

番号順に飲もう

トリキュラーのシート

低用量ピルの中でも特に多くの人が利用しているものに「トリキュラー」と言うものがあります。

これは「第二世代3相性」と呼ばれる種類のもので、実際のホルモンバランスの変動と同じように摂取するホルモン量が変化する為、無理なく避妊を行うことが出来る、ということもあり、とても高い人気を誇っています。

このトリキュラーは服用方法が通常の風邪薬のような医薬品とは異なり、どのようにして服用するのか、いつ何を服用するのか、というのが決まっています。

トリキュラーのシートには1から21、もしくは1から28までの番号が振られた錠剤が付いています。

この薬を「月経初日」から1日1錠、毎日同じ時間に服用していきます。

そうすると、21錠しか錠剤が付いていないものは21日で1シート分全て服用し終えると思いますが、その後は「そのまま7日間トリキュラーを服用せずに待機し、7日後また新しいシートの1錠目から服用」するようにしましょう。

そして、28錠入りのものは「28錠全て飲みきり、飲みきった後はまた新しいシートの1錠目から服用する」ようにしましょう。

初めて服用する人は「どの薬をどうやって飲んでいけば良いのだろうか」という風に困惑してしまうかもしれませんが、シートに記載されている番号の通りに服用していれば良い、ということだけを覚えていれば誰でも服用できるので、安心して服用していきましょう。

プラセボ薬で飲み忘れ防止

プラセボ薬

トリキュラーには「トリキュラー21」と呼ばれるものと「トリキュラー28」と呼ばれるもの、2つのトリキュラーが存在しています。

この21と28で一体何が違うのか、というふうに思う人もいるかもしれませんが、これは「薬の数」です。

トリキュラー21は「1シートに21錠のトリキュラーが入っている」のですが、トリキュラー28には「21錠のトリキュラーと7錠のプラセボ薬が入っている」のです。

このプラセボ薬というのは日本語で「偽薬」と呼ばれる物で、服用しても一切の効果がない医薬品です。

この薬がシートについている理由として「低用量ピルを服用し慣れていない人が休薬期間の存在を忘れない為」という理由があります。

21錠入りのものは21錠目を服用後7日間かけて「休薬」を行い、この期間中に月経を発生させます。

ですが、人によってはこの7日間の休薬が終わった後もトリキュラーの存在を忘れてしまい、薬を服用しない場合があるのです。

そうなってしまうとせっかくの避妊効果も現れなくなってしまいます。

ですが、28錠入りのものを服用していると「21錠目が飲み終わった後の7日間はプラセボ薬を服用し、1シート分全ての薬を飲んだら新しいものを飲み始める」という習慣を作ることが出来るため、飲み忘れを防止することが出来るのです。

なので、休薬期間を設けたら薬を飲むのを忘れそうだ、という人はまずは28錠入りの「トリキュラー28」を服用し、服薬の習慣を作っていくようにしましょう。

急げば間に合う事も

薬を服用する女子

トリキュラーの服用を開始する際には「毎日決まった時間に服用する」という習慣を作る必要があります。

そうすることによって薬の飲み忘れを防止することができ、更に体からホルモン量が減少した際に発生する体調不良等も防ぐことが出来るためです。

ですが、時には飲むのを忘れてしまうことなどもあるでしょう。

そのような時は「24時間以内なら間に合う」というのを覚えておきましょう。

トリキュラーの服用を忘れた際、12時間以内であれば気がついた段階で服用を行えば避妊効果を期待する事が出来ます。

ですが、12時間以上経過してから飲み忘れに気がついてしまった場合、24時間以内であれば、その段階で服用を行い、翌日も同じように服用をすれば避妊効果を期待することは出来ます。

ただ、場合によっては避妊効果がなくなってしまっている可能性もあるので、他の避妊方法なども利用してみるようにしましょう。

また、24時間以上経過してから飲み忘れに気がついてしまった場合、避妊効果がなくなってしまっている可能性が有る為、一旦トリキュラーの服用をやめ、次回の月経開始日に「新しいトリキュラーのシート」を開封し、服用開始するようにしましょう。

トリキュラーは服用する錠剤によって内包している成分量が違う為、飲みかけのものを改めて服用してしまうと、避妊効果が期待できず、場合によっては副作用が強く出てしまう可能性もあります。

通販で買おう

スマホサイトから購入する女子

トリキュラーを服用したいと思った場合、多くの人は病院に行って診察を受け、その上でトリキュラーを処方してもらうと思います。

ですが、人によっては「ピルを処方してもらっているのを人に知られたくない」という風に思っている人もいるかもしれませんし、そもそもトリキュラー自体が「1シート1600円前後」と消して安くは無い薬のため、ピル自体の費用を安くしたい、という風に思っている人もいるかもしれません。

そのような人は「個人輸入代行」と呼ばれるサービスを利用できる通販サイトを利用し、海外からトリキュラーを輸入してきましょう。

そうすることによって本来病院で処方される価格よりも安価に、そしてピルを処方してもらうために産婦人科に行くこともなく、自宅で簡単にトリキュラーを受取り、避妊を行うことが出来るのです。

人によっては「薬を海外から輸入するなんて、なんだか怖い」という風に思う人もいるかもしれませんが、個人輸入代行を利用した場合、通常の通販サイトで日用品を購入するのと同じような感覚で購入手続きを進めていくことが出来る為、不安に思わずまずは一度試しに購入してみましょう。